人気ブログランキング |

トップページ > ブログ

株式会社南郷包装 ブログ

2010年 11月 15日 ( 2 )
関税撤廃
APECで一躍話題になった【TPP環太平洋パートナーシップ協定】ですが、参加条件を巡って早くもアメリカから『牛肉関税撤廃が条件』とのジャブです!

お隣韓国も日本同様に、資源の少ない国ですが、確かGDP(国内総生産)の、4割を輸出に頼っています。ですからTPPへの参加については積極的ですし、一定の損失補てんも予算化しています。

僕が小さい頃、たぶん40年以上前の話で、うすら覚えですが、その当時実家は『紅茶』の生産者で、紅茶専用の工場を共同で建てていて、その後まもなく紅茶が【輸入自由化】になり、セイロン(現在のスリランカ)から入ってくるようになりました。それから数年で『紅茶』から『緑茶』に切り替え、工場は閉鎖に追い込まれましたよ(>_<)

当時のいきさつはわかりませんが、今はまさにグローバル社会です。守るべき物は海外に負けない【オンリーワン】でなければなりません。特に守るべき第一次産業は、【価格】より【安心・安全・安定】です!そこに【特化】すれば、輸入を恐れるより、輸出するチャンスも生まれるはずですよ!!


くれぐれも【菅大変よーパートナーシップ協定】にならないように!?菅さん( ̄∀ ̄)
by nangou-housou | 2010-11-15 17:16 | 携帯
過去最低
10月1日現在の大学生就職内定率が、調査開始以来の【過去最低】だったようです。

特に、名古屋を核とする中部地域と九州地域は、共に51%代の低さで、分析結果は出ていませんが、両地域は自動車産業の盛んな地域ですから、海外シフトが進んでいるのかも知れませんねー。

菅首相!『一に雇用!二に雇用!三に雇用』とおっしゃっていた割には、『経済界に雇用を増やして欲しい』って言っているだけのようで、具体的な対応策が出てきません。

簡単に『雇用を増やせ!』と言っても、経済界は『国が将来のビジョンを示せ!』と言いかねません。おまけに製造業は為替レート如何で、どこに軸足を置くかわかりませんしねー。

今回日本で開かれたAPECの中で、TPP(自由貿易協定)の議論もされましたが、進め方によっては、産業構造がどのように変化して行くかもわかりません。

就職は社会へ飛び出す出発点!来年の春までには、一人でも多くの学生が就職が決まったら良いんですけど。
by nangou-housou | 2010-11-15 06:15 | 携帯

南郷包装のお知らせや新着情報などは、たまにお伝えします
by nangou-housou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
検索
最新の記事
at 2019-08-07 11:23
訃報
at 2016-12-08 16:59
ジャカランダまつり2016の..
at 2016-05-25 15:59
「道の駅」なんごう 準備中です!
at 2016-04-01 07:33
平成28年3月18日
at 2016-03-18 09:08
カテゴリ
全体
お知らせ
携帯
未分類
以前の記事
2019年 08月
2016年 12月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

発泡スチロール再資源化協会

国内クレジット制度

ページトップへ